ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  基本  > ゴルフスイング(スィング)の基本その2


ゴルフスイング(スィング)の基本その2

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)のバックスイング(スィング)において左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認してみましょう。
左親指側のコックが不足している場合などは、90度にはなりません。
左親指側のコックがきちんとされている場合は、クラブのシャフトが地面に対して垂直になります。
その結果、左腕とシャフトが90度になってくるのです。

ゴルフスイング(スィング)のトップの位置では肩が90度以上、腰が45度くらい回転しているか確認してください。
この時、左手甲の向きとクラブフェースの向きが同じ方向を向いている必要があります。
左手首のコックがきちんとされていれば、左手甲の向きとクラブフェースの向きは同じになるはずです。

ダウンスイング(スィング)は左ひざの始動から始まるイメージを持ちましょう。
左足に親指の付け根で地面をグリップする意識を持てば、左ひざの始動からダウンスイング(スィング)を始めることができます。
この時、上半身から動き始めないように注意しましょう。
上半身から動き始めれば、右肩が落ちてしまったり、左側に体重が移動しなかったりします。

ダウンスイング(スィング)時にはテークバックと同じ軌道でダウンしてきません。
同じ軌道でダウンさせようとすれば、身体が開いている分、クラブはアウトサイドから下ろされる必要があるのです。
ここでは無理やり同じ軌道でダウンさせる必要はないでしょう。

シャフトが地面と平行になった時、両肩は目標に対してスクエアの状態になり、腰は30度くらい開いています。
両肩と腰に回転の差が見られないようであれば、ダウンスイング(スィング)の切り返しが上手に行われていないかもしれません。

スポンサードリンク

アドセンス