ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  基本  > ゴルフスイング(スィング)の基本その1


ゴルフスイング(スィング)の基本その1

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)はアドレスから始まります。
正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイング(スィング)につながっていきません。

アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。
右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。
また、バックスイング(スィング)時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです。

自分の体重は親指の付け根にかけましょう。
そして、肩のラインは地面に対して平行にします。
しかし、右手のほうが左手よりもクラブの下を持つので、その分右肩は下がってきます。

両腕はリラックスさせ、肩の力を抜くことが大切です。
左右のつま先はスクエアに構えることが基本ですが、右足のつま先は15度くらい開いてもいいようです。

バックスイング(スィング)のきっかけが上手につかめない人は「チンバック」してもいいでしょう。
「チンバック」とはバックスイング(スィング)の始動時に自分のあごを右側に向けることです。
上体を上手にひねることのできない人は、チンバックをきっかけに左肩をスムーズに入れることもできます。

バックスイング(スィング)時はクラブのグリップエンドが「へそ」を指すようにします。
身体の回転のみでテークバックできていれば、グリップエンドは「へそ」を指しているはずです。
腕や手首のコックを利用してバックスイング(スィング)を行うと、グリップエンドの位置がずれてきます。

バックスイング(スィング)でクラブシャフトが地面と平行になった時に、右ひじが曲がり始めます。

スポンサードリンク

アドセンス