ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > 基本


基本

ゴルフスイング(スィング)の基本その1

ゴルフスイング(スィング)はアドレスから始まります。 正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイング(スィング)につながっていきません。 アドレスは右肩が右足甲の真上にくるようにセットします。 右肩が右足甲よりも前に出てしまう前傾しすぎたアドレスや、逆の起きすぎたアドレスは身体の回転を邪魔するものになります。 また、バックスイング(スィング)時の上体の水平移動や上下運動につながってしまうのです...

ゴルフスイング(スィング)の基本その2

ゴルフスイング(スィング)のバックスイング(スィング)において左腕が地面と平行になった時、クラブのシャフトと左腕が90度になっているか確認してみましょう。 左親指側のコックが不足している場合などは、90度にはなりません。 左親指側のコックがきちんとされている場合は、クラブのシャフトが地面に対して垂直になります。 その結果、左腕とシャフトが90度になってくるのです。 ゴルフスイング(スィング)のトッ...

ゴルフスイング(スィング)の基本その3

ゴルフスイング(スィング)のインパクトの瞬間は、右ひざがアドレスの時よりも前に出ているか確認してみましょう。 左手甲の角度や両腕に位置、フェースの向きはアドレス時と同じになっているでしょうか。 そして腰の角度は地面と平行であることが必要です。 左ひざが打球方向に流れてしまったり、上体が伸び上がってしまったりすると腰は平行になってきません。 左足の付け根の踏ん張りをインパクトまで保つことが重要になっ...