ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  体重移動  > ゴルフスイング(スィング)における体重移動


ゴルフスイング(スィング)における体重移動

スポンサードリンク

アドセンス

トップで左肩が落ちる、ダウンスイング(スィング)で右ひざが前にでてしまう、右腰が水平移動してしまう、ゴルフスイング(スィング)には様々な悩みがあります。
多くの原因が考えられますが、体重移動が上手にできていないことも原因のひとつであるといわれています。
体重は「親指の付け根部分」で支えるようにしましょう。
アドレスからインパクトまでの体重移動は、左右の親指の付け根を体重が移動することになります。
体重がつま先やかかとにかかっている状態ではゴルフスイング(スィング)は上手にできていません。
身体をねじって蓄えた力が逃げてしまうからです。
親指の付け根で体重を支えるためには、アドレスの段階で正しく体重をかける必要があります。
両足の指先で地面をがっちりとグリップするイメージを持つといいでしょう。
体重移動は両足の内側で行われますので、アドレスの段階でも内側にかかっている必要があります。

初心者に多いのは、アドレスで「おしり」が後ろに引けているケースです。
土踏まずに意識を集中すると「おしり」が後ろに引けてしまうと言われています。
土踏まずは地面に接していないのですから、体重を支えることはできません。
下半身が安定せずにゴルフスイング(スィング)中に上体が前後左右に動いてしまうことになるのです。
アドレスで正しく親指の付け根に体重をかけたとしても、スイング(スィング)が始まるとかかと側に体重がかかってしまうこともあります。
このような時は両足のヒールアップを意識してもいいでしょう。

スポンサードリンク

アドセンス