ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  体重移動  > ゴルフスイング(スィング)における体重移動その2


ゴルフスイング(スィング)における体重移動その2

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)のアドレスからテークバック、トップからダウンスイング(スィング)、インパクトにかけて絶えず親指の付け根に体重をかけるためには「ヒールアップ」を意識してみましょう。
ゴルフスイング(スィング)におけるヒールアップはどのように行えばいいのでしょうか。
テークバックで左足かかとを上げるだけでは左ひざが前に出てしまいます。
左ひざが前に出てしまうと左肩が下がり、結果として右側の腰が引けてしまうので体重は右側に上手にかかってきません。
テークバックでの左足は、つま先を地面にグリップしたまま、かかと外側を右足つま先側に上げていくといいようです。
ただ上げるのではなく、反対側の足のつま先に向かって寄せていくというイメージです。

ダウンスイング(スィング)では逆に右足の「けり」を使うことになります。
右足で「ける」とは右足のかかとを上げるという動きになりますが、単にその場でかかとを上げるだけではありません。
右足のかかとを左足のつま先側に寄せていくというイメージです。
テークバック時のかかとの動きと逆の動きになるのです。
右足かかとをその場で上げるだけでは右ひざが前に出てしまいます。
その結果、左腰が横に逃げてしまい、左ひじも引けてしまうゴルフスイング(スィング)になってしまうのです。
右足の「けり」を上手に行うことができれば、テークバックからトップで蓄えた力をインパクトでボールに伝えることができるのです。

ダウンスイング(スィング)時に左足の親指付け根に体重をかけることができれば、下半身が左に流れてしまうことも防止できます。
つまり、身体の左側に「壁」も作れるのです。

スポンサードリンク

アドセンス