ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  回転  > 腰の回転でゴルフスイング(スィング)する


腰の回転でゴルフスイング(スィング)する

スポンサードリンク

アドセンス

飛んで曲がらないボールを打ちたいというのが、多くのゴルファーの願いです。
ゴルフスイング(スィング)において、正確かつパワフルにボールを打つためのコツは沢山あるようですが、腰の使い方もその1つです。
高速で腰を回転させながらゴルフスイング(スィング)を行うと、飛距離が出て曲がらないボールになると言われています。
ダウンスイング(スィング)の始まりは「ねじられた」腰をアドレスの状態に戻そうとする動作から始まります。
つまり、ねじられた身体をアドレスの状態に戻していくわけですが、この戻そうとする動作が早ければ早いほどいいという考えです。
トップの状態から腰が元の位置に戻されると、その過程で体重のかかる位置は、右足から左足に移動していきます。
体重移動に引っ張られるように上半身の回転を開始させるのです。
上半身の回転は両肩が回転する意識を持てばいいでしょう。
両肩を鋭く回転させることができれば、そのスピードは両腕に伝わります。
その結果、クラブのヘッドスピードを上げることができるため、ボールを大きな力で打つことができるのです。

腰の回転を意識せず、両腕先行でダウンスイング(スィング)を開始すれば、下半身や両肩の回転運動を有効に活用することはできません。
そのようなゴルフスイング(スィング)は両腕だけの力に頼ったスイング(スィング)となってしまうのです。
どれだけ練習したとしてもヘッドスピードは上がってきませんので、なかなか飛距離はアップしないでしょう。
なかなか飛距離が出ない人は、腰の回転を意識してみてください。

スポンサードリンク

アドセンス