ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > リズムをつくる


リズムをつくる

ゴルフスイング(スィング)のリズムをつくる

多くのゴフファーには「苦手なクラブ」というものがあります。 スプーン(3番ウッド)は上手に打てるけれどドライバーは打てない、ロングアイアンが打てないという人は多くいます。 どこに原因があるのでしょうか。 クラブによってゴルフスイング(スィング)のリズムが変わってしまっていることも原因に1つであるといわれています。 スプーンは得意だけれどもドライバーは苦手、という人はスプーンでゴルフスイング(スィン...

ゴルフスイング(スィング)のリズムをつくるその2

ゴルフスイング(スィング)における上手なリズム作りで大切なことは、テークバックの始動時にあります。 ゴルフスイング(スィング)を始める前に、まず上体をリラックスさせましょう。 両肩と両肘の力を抜き、クラブヘッドが始動する際には両腕と肩で三角形を作るイメージを持つことが大切です。 そしてクラブヘッドを低く引いていくのです。 低く引くとは、クラブヘッドのソールが地面をゆっくり滑るように引く、ということ...