ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  トップの形  > ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形


ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形

スポンサードリンク

アドセンス

ドライバーの練習をこまめに行っているにも関わらず、なかなか飛距離が出ないのであれば、ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形を考えてみてください。
上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりゴルフスイング(スィング)の頂点での形が重要になってきます。

トップの上体で右腰がスウェイしていませんか。
右腰のスウェイはパワーをロスしてしまいます。
バックスイング(スィング)時に右腰を右側に突き出してしまうことを指しますが、このようなトップからは正確なダウンスイング(スィング)は難しいと言われています。
なぜなら、トップで右腰を右側に突き出してしまうと、ダウンスイング(スィング)で大きく左側に動かなければなりません。
大きく左側に動く状態でナイスショットは望めないのです。

右腰のスウェイを抑えるためには、右ひざと右足の付け根でしっかりと体重を支えることが必要です。
バックスイング(スィング)時に自分の体重を右ひざに乗せるようにします。
右ひざで上手に体重を受け止められれば、腰は右側にスウェイすることはありません。
右側に思いっきり動くつもりで体重を右ひざにかけてみましょう。
右足の付け根がしっかりとしていれば、右側にスウェイすることは無く、右足の太ももに張りを感じるはずです。

右足で体重を支えることができれば、状態のねじりから生まれるパワーを効率よくボールに伝えることができるでしょう。
ただしこの時、右足の付け根だけに意識を集中してしまうと、右肩が落ちてしまいますので注意が必要です。

スポンサードリンク

アドセンス