ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  トップの形  > ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その4


ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その4

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)の大きな悩みのひとつは飛距離が出ないことでしょう。
飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフスイング(スィング)における上体の伸び上がりであると言われています。
トップの上体で身体が伸び上がってしまうと、力を蓄えることができないために、飛距離が出なくなってしまうのです。
アドレスからバックスイング(スィング)、トップにかけて右ひざや右腰が伸びきってしまうと、トップの状態で力を蓄えることはできないのです。
飛距離を大きく稼げる人は、トップの姿勢は、アドレスの時よりも低くなっています。
つまり、身体が沈みこんだトップになっているのです。

飛距離を出したいと思うのであれば、バックスイング(スィング)のトップで身体が沈み込むような形にしなければなりません。
具体的には、トップの形で右ひざを左ひざよりも高くしない、ということです。
右ひざが左ひざよりも高くなるということは、身体が伸び上がっているということです。
バックスイング(スィング)時には、右ひざを低くするように、身体が沈みこむような意識を持ってみてはどうでしょうか。
あるいは、テークバック時に腰を回しながら沈める意識を持ってもいいと思います。
いずれにしても、アドレスからトップにかけて少し身体が沈むくらいでいいようです。
この時、上体はレベルにターンさせることができます。

トップで身体が伸び上がってしまうと、下半身の力を飛距離につなげることができません。
飛距離の出ない人は、上体が伸び上がっていないかどうか確認してみましょう。

スポンサードリンク

アドセンス