ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  トップの形  > ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その3


ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その3

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)のセオリーとして、両腕でできる三角形の形を維持しながらテークバックする、ということが言われています。
ゴルフ初心者の中には、ゴルフスイング(スィング)をする際にその事ばかりを気にしてしまい、トップの形をおかしなものにしている人がいます。
腕の形を三角形に保ったまま、カチカチに固めたままバックスイング(スィング)しているのです。
右腕を伸ばしたままバックスイング(スィング)するので、トップの形をスムーズに作ることができません。
このように両腕を固めたままバックスイング(スィング)するとテークバックが不自然になるばかりでなく、トップで上体を上手くねじることができません。
両腕の三角形の形をいつまでもキープしようとすると、上体をスムーズにひねることができなくなるのです。

バックスイング(スィング)からトップにかけては、右腕はたたまれ、左腕は伸びる上体が理想です。
バックスイング(スィング)が始まり、左肩がアドレスから90度回転すると、左手の指先は身体から一番離れたところに位置します。
トップにかて、腰の高さまでは両腕を三角形の形にしますが、それ以降では、右腕は曲げられていきます。
トップでは左腕をまっすぐに延ばす必要は無いと思います。
まっすぐであれば理想的ですが、曲がっていても構わないのです。
逆にまっすぐにしようとして左手に力が入ってしまうことの方が問題のようです。
なぜなら、腕に力が入ってしまうとダウンスイング(スィング)でクラブをスピーディーに振り下ろすことができなくなり、飛距離が出なくなってしまうのです。
腕を柔らかく使って上体をひねっていくことが大切です。

スポンサードリンク

アドセンス