ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  トップの形  > ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その2


ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その2

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフスイング(スィング)時には「ボールから目を離してはいけない」とよく言われます。
ゴルフスイング(スィング)はアドレスからまり、テークバック、トップ、ダウンスイング(スィング)、インパクトと続いていきますが、ボールから目を離すな、と言われているのです。
ボールを目から離さないということを変に解釈している人も多くいます。
ボールを見なければいけないという意識が働き、トップの位置でも両目でボールを見ている人がその典型です。

このような人のゴルフスイング(スィング)は手だけのバックスイング(スィング)になってしまうか、あるいは左肩が落ちて左足荷重のトップになってしまいます。
ボールの見方が悪いと、ボールは遠くまで飛んでくれません。
バックスイング(スィング)のトップの位置ではボールを左肩越しに、斜めに見るといいでしょう。
アドレスの時よりも顔は右側を向いている状態で、右斜め上から肩越しにボールを見るのです。

トップの位置であってもアドレスと同じ状態でボールを見ていると肩の回転が止まってしまうと言われています。
肩の回転が止まってしまうと、その反動で左肩が下がってしまうため、右足に体重が乗らずに左足荷重のトップになってしまうのです。

トップでボールを肩越に見る癖をつけておきましょう。
顔の向きを右側に向ければ、肩は上手に回ってくれるはずです。
その結果、トップの位置で右足荷重がし易い状態となるのです。

たがか目線ですが、されど目線です。
体重が上手に右側にかけることができない人は、1度試してみてください。

スポンサードリンク

アドセンス