ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > トップの形


トップの形

ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形

ドライバーの練習をこまめに行っているにも関わらず、なかなか飛距離が出ないのであれば、ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形を考えてみてください。 上体のねじりをスムーズにボールに伝えるためには、トップの形、つまりゴルフスイング(スィング)の頂点での形が重要になってきます。 トップの上体で右腰がスウェイしていませんか。 右腰のスウェイはパワーをロスしてしまいます。 バックスイング(スィング)時...

ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その2

ゴルフスイング(スィング)時には「ボールから目を離してはいけない」とよく言われます。 ゴルフスイング(スィング)はアドレスからまり、テークバック、トップ、ダウンスイング(スィング)、インパクトと続いていきますが、ボールから目を離すな、と言われているのです。 ボールを目から離さないということを変に解釈している人も多くいます。 ボールを見なければいけないという意識が働き、トップの位置でも両目でボールを...

ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その3

ゴルフスイング(スィング)のセオリーとして、両腕でできる三角形の形を維持しながらテークバックする、ということが言われています。 ゴルフ初心者の中には、ゴルフスイング(スィング)をする際にその事ばかりを気にしてしまい、トップの形をおかしなものにしている人がいます。 腕の形を三角形に保ったまま、カチカチに固めたままバックスイング(スィング)しているのです。 右腕を伸ばしたままバックスイング(スィング)...

ゴルフスイング(スィング)におけるトップの形その4

ゴルフスイング(スィング)の大きな悩みのひとつは飛距離が出ないことでしょう。 飛距離が出ないことの大きな原因のひとつは、ゴルフスイング(スィング)における上体の伸び上がりであると言われています。 トップの上体で身体が伸び上がってしまうと、力を蓄えることができないために、飛距離が出なくなってしまうのです。 アドレスからバックスイング(スィング)、トップにかけて右ひざや右腰が伸びきってしまうと、トップ...