ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ミドルアイアン  > ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)を練習する


ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)を練習する

スポンサードリンク

アドセンス

ショートアイアンで確実にグリーンを狙えるようになったら、ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)の練習をしましょう。
ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)を身につければ、番手どおりの飛距離、ロフト角どおりの球筋が得られるようになります。
ミドルアイアンでグリーンを狙えるようになれば、ゴルフがますます面白くなると言われています。
ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)で大切なことの1つに、上下左右の打点のズレをなくすということがあります。
アイアンで番手どおりの球筋が得られないことの原因は「頭のずれ」にあるようです。
頭を上体の回転に合わせて、自然な状態で回転させることは構わないのですが、上下左右にずれてしまうと球筋は安定しません。
スイング(スィング)中に頭の位置がずれてしまうと、ヘッド軌道の最下点、つまりインパクトのポイントがずれてしまいます。
それが「ダフリ」や「トップ」の原因になっているのです。
テークバックで頭が右にずれるとダウンスイング(スィング)で上体が右にズレやすくなります。
逆に頭が左にずれるとフェースがかぶりやすくなり、球の弾道が低くなったり、「アウトサイドイン」の軌道で「カット打ち」になったりします。
「カット打ち」であれば球の弾道は高くなりますが距離は稼ぐことはできません。
アイアンのゴルフスイング(スィング)では頭がずれにくいアドレスで構えることが重要で、スクエアスタンスが基本になります。
スクエアスタンスとは目標となるラインに対して、両足が平行になるように構えるスタンスです。
この時、右足のつま先は、目標ラインに対して直角になるようにしましょう。

スポンサードリンク

アドセンス