ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ミドルアイアン  > ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)を練習するその2


ミドルアイアンのゴルフスイング(スィング)を練習するその2

スポンサードリンク

アドセンス

高さがずれないようにするためには、テークバックからトップにかけて上体を回転させますが、この時も腰の高さを回転させることが大切です。
ゴルフスイング(スィング)における上下のずれには大きく分けて2種類あると言われています。
ひとつはバックスイング(スィング)で身体が沈みこんでしまい、ダウンスイング(スィング)で伸び上がってしまう「ずれ」です。
もうひとつは、伸び上がったあとに沈み込んでしまう「ずれ」です。

前者のずれの原因は、バックスイング(スィング)時にボールを見すぎることにあると言われています。
頭を動かしてはいけないという意識が強すぎるため、右肩が落ちてしまい、顔がボールに近づいてしまうのです。
頭はトップからダウンスイング(スィング)にかけては動かさないほうがいいのですが、バックスイング(スィング)時は無理に固定しなくてもいいでしょう。
高さを変えない限り、バックスイング(スィング)時に頭が動くことは問題ないようです。

後者のずれを直すためには、バックスイング(スィング)時に右足の内側に力を入れてみるといいかもれません。
右足の内側に力を入れることにより、アドレス時の位置と高さを変えずに腰を回転させることができるのです。
逆に言うと、腰の高さを変えずに上体をひねることができれば、トップでも右ひざの角度はアドレス時と同じものになっているのです。
ゴルフスイング(スィング)中にどうしても腰の位置が変わってしまう人は、他の人にクラブのグリップエンドで腰を押してもらい、その高さを変えずにスイング(スィング)する練習をしてみましょう。

スポンサードリンク

アドセンス