ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  ロングアイアン  > ロングアイアンでのゴルフスイング(スィング)その2


ロングアイアンでのゴルフスイング(スィング)その2

スポンサードリンク

アドセンス

5番アイアンではリラックスしてアドレスできるが、4番アイアンを持つと途端に力んだアドレスをしてしまう人がいます。
このような人はスイング(スィング)でも同じように力の入ったゴルフスイング(スィング)をしています。
力の入ったゴルフスイング(スィング)では右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまいます。
このようなゴルフスイング(スィング)ではロングアイアンは打ちこなせません。

このような右サイドの動きを抑えるためには体重を身体の右側に残しておくことが大切となってきます。
そのためには、インパクト時に右足が浮かないように注意してみましょう。
ダウンスイング(スィング)からインパクト、フォローにつながるまで右足のかかとを地面から上げずにクラブを振ってください。

5番アイアンは打てるけれども4番アイアンは打てないという右足のかかとを確認してください。
右足かかとをつけたままスイング(スィング)してみましょう。
この時、スライスやボールが上がらないといったミスは少なくなるはずです。

ボールが上がらない理由はクラブの軌道にも原因があるようです。
アウトサイドインの軌道であればインパクト時にフェースが被ってしまい、ボールは上にあがってくれません。
ミドルアイアンあたりまでは、アウトサイドインの軌道でもそれなりにボールは上がってくれます。
しかし、4番以上のロングアイアンではゴルフスイング(スィング)の軌道が弾道にはっきりと出てしまうのです。
ロフト角の少ないロングアイアンであれば、インサイドアウトの軌道を心がけましょう。
この軌道であれば、ロフト角以上の弾道が得られるはずです。

スポンサードリンク

アドセンス