ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > ロングアイアン


ロングアイアン

バンカーでのゴルフスイング(スィング)その1

バンカーショットでのゴルフスイング(スィング)で忘れてはならないのが、ボールを直接打つということではなく、砂を打つという意識を持つことです。 砂をどの方向に、どの角度で飛ばすかということが大切になってくるのです。 バンカーでのゴルフスイング(スィング)では、サンドウェッジの歯(リーディングエッジ)から打ち込むのではなく、ソールから打ち込むようにしましょう。 リーディングエッジから打ち込むと、ヘッド...

バンカーでのゴルフスイング(スィング)その2

バンカーでのゴルフスイング(スィング)といえば、フェースを開いてアウトサイドインのカット打ちをしている人は多いようです。 しかし、バンカーショットの基本も他のゴルフスイング(スィング)と同様にスクエアフェースとスクエアスタンスにあります。 フェースとボールの位置はどうでしょうか。 フェースは目標に対してスクエアにしましょう。 そして構えた時にフェースの向きが土手よりも高い位置を指しているか確認する...

ロングアイアンでのゴルフスイング(スィング)

ゴルフ初心者の好きなアイアンは何番でしょうか。 多くの人は5番アイアンか7番アイアンと答えるといいます。 なぜなら、ゴルフスイング(スィング)を覚えるために、5番か7番で練習するからです。 しかし4番アイアンになると、途端にゴルフスイング(スィング)が難しく感じてしまいます。 4番と5番の間にはシャフトの長さが0.5インチ、シャフトのロフト角で3度の違いがあります。 この違いは5番と6番の間にもあ...

ロングアイアンでのゴルフスイング(スィング)その2

5番アイアンではリラックスしてアドレスできるが、4番アイアンを持つと途端に力んだアドレスをしてしまう人がいます。 このような人はスイング(スィング)でも同じように力の入ったゴルフスイング(スィング)をしています。 力の入ったゴルフスイング(スィング)では右手と右肩、右ひざの動きが早くなってしまいます。 このようなゴルフスイング(スィング)ではロングアイアンは打ちこなせません。 このような右サイドの...