ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > ショートアプローチ


ショートアプローチ

ショートアプローチでのゴルフスイング(スィング)

グリーンまわりからのショートアプローチでは、ボールを転がすことが大切です。 しかし、ボールを転がすだけのゴルフスイング(スィング)がなかなか上手にできません。 「トップ」や「ザックリ」となってしまい、なかなかピンにボールが寄ってくれません。 このようなゴルフスイング(スィング)の原因はどこにあるのでしょうか。 まず、グリップを確認してください。 10ヤードから20ヤードを飛ばすだけであるのに、25...

ショートアプローチでのゴルフスイング(スィング)その2

ショートアプローチのゴルフスイング(スィング)が苦手である人は、多くの場合力の入った構えになっています。 このように力の入った構えになってしまう原因は左手の被せすぎにあります。 左手を被せ過ぎて握ると、左腕がまっすぐに伸びてしまい、それにつられて右腕も伸びてしまうのです。 その結果、腕と肩が三角形になり、柔らかさが感じられない構えになってしまうのです。 ドライバーのように飛距離が必要なクラブでは力...