ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  アプローチ  > アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその2


アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその2

スポンサードリンク

アドセンス

ゴルフ練習場によっては、かごにボールを入れるところもあります。
このような練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイング(スィング)の練習をしてみましょう。
かごの上に足を乗せてゴルフスイング(スィング)をすることにより、スイング(スィング)の軌道を修正することができるのです。

右足をかごに乗せたら両肩のラインも足の高さに合わせて右肩を高く、左肩を低くしてアドレスしましょう。
このアドレスの形を崩さずにスイング(スィング)すると「すくい打ち」の矯正になると言われています。
ダウンスイング(スィング)で上手に左足に体重をかけられない人にとっても有効な方法となります。
右足を高くするとクラブをインサイドに引けなくなります。
そのため、インサイドアウトの軌道で悩んでいる人にも有効な練習方法となります。

スライスに悩む人は左足をかごの上に置いてみてはどうでしょうか。
この時も肩のラインを足の高さと合わせて左肩を高く、右肩を低くしてゴルフスイング(スィング)の練習をします。
この形を崩さずにゴルフスイング(スィング)すると、フィニッシュのほうがトップよりも手の位置は高くなります。
このスイング(スィング)はフックを打ちたい時の基本であり、クラブの軌道はインサイドアウトになってくるはずです。
左足が高いとフォローでクラブを左側に振りぬくことはできません。
そのため、アウトサイドインの軌道修正を行いたい人にとっては有効な練習方法となります。
また、インパクトの瞬間に腰が左側に流れてしまう人にとってもお勧めの練習方法であると思います。
もちろん、足場が左足上がりである場合の練習にもなります。

スポンサードリンク

アドセンス