ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  アプローチ  > アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその1


アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその1

スポンサードリンク

アドセンス

アプローチといっても、通常のゴルフスイング(スィング)と同様で身体の回転でボールを打ちます。
初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、手先だけでクラブを振ってしまいます。
距離の短いゴルフスイング(スィング)でも通常のスイング(スィング)の弧を小さくしたものと考えたほうがいいようです。
身体も回転するし、体重移動も必要となってきます。

手先だけのアプローチであればフェースの向きも狂いやすいばかりでなく、距離も安定しません。
アプローチでのゴルフスイング(スィング)を習得するためには、どのような練習をすればいいのでしょうか。

アプローチでボディーターンの感覚を習得するために、左わきにタオルを挟んでボールを打ってみましょう。
小手先でのアプローチショットであれば、左わきが開いてタオルが落ちてしまいます。
バックスイング(スィング)をインサイドに引くと左わきが開いてしまうのでタオルが落ちてしまうのです。
また、フィニッシュで左わきが開くとクラブの方向性にばらつきが生じ、その結果ボールの方向性も安定しません。

左わきのタオルを落とさないようにクラブを振ることができれば、身体と腕が連動して動いているということになります。
左わきをしめて身体の回転でボールが打てるとフィニッシュでシャフトが自分の「へそ」を指していることでしょう。

小さなゴルフスイング(スィング)でも身体と腕を連動させることができれば、方向性と距離感は確実によくなります。
タオルが無い場合はヘッドカバーでもいいようですので、練習場で試してみましょう。

スポンサードリンク

アドセンス