ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム  > アプローチ


アプローチ

アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその1

アプローチといっても、通常のゴルフスイング(スィング)と同様で身体の回転でボールを打ちます。 初心者のうちはグリーンまでの距離が短いと、手先だけでクラブを振ってしまいます。 距離の短いゴルフスイング(スィング)でも通常のスイング(スィング)の弧を小さくしたものと考えたほうがいいようです。 身体も回転するし、体重移動も必要となってきます。 手先だけのアプローチであればフェースの向きも狂いやすいばかり...

アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその2

ゴルフ練習場によっては、かごにボールを入れるところもあります。 このような練習場では左右のどちらかの足をかごの上にのせてゴルフスイング(スィング)の練習をしてみましょう。 かごの上に足を乗せてゴルフスイング(スィング)をすることにより、スイング(スィング)の軌道を修正することができるのです。 右足をかごに乗せたら両肩のラインも足の高さに合わせて右肩を高く、左肩を低くしてアドレスしましょう。 このア...

アプローチのゴルフスイング(スィング)を練習するその3

練習場ではボールがまっすぐに飛ぶのに、コースにでると「ダフリ」が出てしまうという人は多いようです。 練習場ではマットが置いてあることがほとんどです。 このマットの上ではクラブのヘッドは滑ります。 そのため、マットの上でゴルフスイング(スィング)をすれば多少ボールの手前にヘッドが入ってしまってもボールはまっすぐに飛んでしまうのです。 まっすぐに飛んでいるので「ナイスショット」と考えていたら大きな間違...