ようこそ! 「ゴルフスイングの上達」へ
ポータルトップ >  ホーム >  スコアメーク  > ゴルフスイング(スィング)とスコアメークその2


ゴルフスイング(スィング)とスコアメークその2

スポンサードリンク

アドセンス

9ホール回ったあと食事をとります。
豪華な食事を腹いっぱい食べてビールを飲んだら、午後のスコアは期待できません。
腹回りが窮屈になればゴルフスイング(スィング)も窮屈なものになってしまうのです。
午後からのスコアを意識するのであれば、昼の食事は腹5分目から6分目にしたほうがいいようです。
食事内容もスコアメークの1つであるという意識を持ちましょう。
そのくらいの気持ちでないとゴルフは上達していきません。

また、昼食時に身体がクールダウンしてしまうので、時間ぎりぎりまでレストランでくつろぐことは避けましょう。
早めにレストランから離れ、ゴルフスイング(スィング)の練習、つまり素振りや柔軟体操を行ってください。
クールダウンした身体をウォームアップしておき、午前中の状態に戻しておきたいものです。

昼からも第1打も朝の第1打と同じように考えて、フェアウェイをキープすることが必要です。
午前中の調子がいい時も、慎重になってフェアウェイキープを第1に考えてください。
無理なクラブ選択や攻め方は避けて、午前のスタートと同じように静かなスタートを心がけましょう。

最終ホールの出来次第で「ベストスコア」がかかっているような場合は、プレッシャーが強くなります。
このような時は守ろうとせずに攻めたほうが結果はいいようです。
守ろうとすると身体が萎縮してしまい、思わぬ方向にボールが飛んでしまったり、トップしたりします。
性格によっては「守る」ことに徹したほうがいい場合もあるようです。
自分の性格をよく判断して決めましょう。

スポンサードリンク

アドセンス